だしの名島屋トップご家族、恋人をトリコにするレシピブログ

博多名島屋の徒然日記|店長井口が中心に名島屋のお知らせ日常やちょっとしたつぶやきなどゆるーくお届けします。

お客様からのうれしいお便りです!

印刷する

2021年10月29日

  

   晴れ渡る秋空が続いておりますね。郵便物の中に見つけたお客様からのお葉書です。

   80歳近くと書いておられますが、パソコンを使い、印刷をされておられます。

   100歳を元気に海苔を食して、迎えたいと書いておられます。

    人生 いつも青春ですね!

   ありがとうございました。 当社の1階の小さな打ち合わせ室にも、青春が壁に貼ってあります。

    ありがとうございました!

                            名島屋 井口知子 スタッフ一同   

印刷する

2021年10月29日徒然日記

最近読んでいる本です!

印刷する

2021年10月27日

 

     皆様、麗しい気持ちのよい秋をお過ごしのことと存じます。読書の秋ですね!

     本が売れなくなっているとはいえ、少なくなった本屋さんは、会社帰りの方で、いっぱいです。

     紙の本で読むのが、やはり私は一番好きですね。。目が疲れないし、ちょっとした隙間の時間にも

     読めますよね。

 

     この本はアマゾンで取り寄せましたが、大変、興味深く、おもしろく読んでおります。

     きっかけは、五十肩のために通っている整形外科が、栄養療法をされており、この五十肩になり

     やっと、自分の筋肉、骨と向き合い始めたわけです。

 

    風邪をひいたり、気管支炎をおこしたときのみ、血液検査をして、異常がでたことがなく、40度の

    熱をだしても、仕事を休めないときは、働くこともありましたが、なんとか健康で過ごしておりました。

    しかし過信はいけませんね。

 

    しかし、歳を重ねると、自分には関係ないと思っていた骨や、筋肉も老化をしているという事実を

    知り、整形外科の治療方針に理解を深め、今後の健康を保つ、そして、自分の身体を管理すると

    いう大切なことのために、本を買って読んでいます。

 

    痛み止めも飲まず、貼り薬もおさえ、ビタミン等の栄養治療と、理学療法としていきながら、

    肩の状態を良くしていますが、身体全体のさまざまなところの改善も感じています。

    一部は全体でとらえ、一部の現象は、全体の変化であると知ることが大切だと私は思っております。

 

     食べているものを、年齢に従い、見直し、管理をするという気持ちをもちながら、食を通じて

     の楽しみ、交流にて少し毎日とは違った外食も、大きくぶれることがないのではと感じております。

       

       ますますお元気にお過ごしくださいませ。

                      名島屋 井口知子

 

     

  

印刷する

2021年10月27日徒然日記

門司港駅に行ってまいりました!

印刷する

2021年10月25日

 

    皆様お元気に10月の秋晴れのころをお過ごしのことと存じます。

    先日、門司港に遊びに行ってまいりました。緊急事態宣言も終了し、1泊で、久しぶりに小旅行です。

    上の写真は門司港駅の正面からの写真です。

    駅として日本で初めて国の重要文化財に指定された門司港駅。現役の駅舎で国の重要文化財に指定され

    ているのは、現在、門司港駅と東京駅の2つだけです。

    平成24年から保存修理工事がスタートし、大正時代の姿に復元し平成31年3月にグランドオープン

    しています。ネオ、ルネッサンス様式の駅舎です。

                

       泊は、門司港ホテル。

                               

           門司港ホテル9階からの、門司港の夕陽です。夜は対岸から花火があがりました。 

           このホテルは、夕食、朝食とセット料金になっておりましたが、2回目の宿泊ですが

           なんといっても朝食がおすすめです。門司港の海を眺めながらの朝食です。朝から

           スパーリングのロゼの飲み放題です。スイーツのロールケーキも焼きたて。

           かなり、お得感満喫です。かなり自制しないと、動けなくなります(笑い)

                       

                       

                                   門司は明治22年に特別輸出港に指定されたことで、アジアとの貿易の玄関口や

        ヨーロッパの寄港地として栄え、多くの銀行や商社が支店を構えるようになりました。 

        日本3大港のひとつとして数えられるなると、街が観光地として、発展しております。

        赤レンガの明治43年から昭和初期まで税関庁舎として使われていた建物も、すばらしい

        建物です。

        快速JRで、福岡市東区千早駅から、往復で3000円、ちょっとだけ、環境を変え

        旅気分を、女子旅行をしました。。友人は朝から飲みすぎ、食べ過ぎで

        朝から二日酔いになってしまい、ロビーのソファで、かたまっていました。トホホです。

 

                            名島屋 井口知子

 

                      

 

 

 

 

 

 

印刷する

2021年10月25日徒然日記

最新の記事

5月19日
里芋の煮ものNEW
5月12日
あらかぶのお味噌汁をダイナミックに!
5月11日
肉じゃがと卵焼きは名島屋の新だしで。

お料理の献立でお選びくださいね。

季節から選ぶ

月間アーカイブ

2011年以前のブログです。よろしかったらご覧ください。名島屋の輪

博多名島屋通販サイト

些細な事でもお気軽にお問い合わせください。

092-682-6988

お買い物のご案内

お支払い方法

以下のお支払い方法を用意しております。

  • 郵便振込(振込手数料は名島屋負担)
    郵便局またはコンビニにて振込みとなります。
  • 代引き(メール便送りの商品はお取り扱いできません。)
    代引手数料350円を負担していただきます。
  • オンライン決済
    カード(Visa/Masterのみ)・銀行・郵便局・コンビニ・Edy
    (1,000円以上お買い上げの場合のみ)

    名島屋ご利用のがはじめてのお客様は初回のご購入金額が3,000円(税込み)以上の場合、代金引き換え又はクレジット決済にさせていただております。

    陸路から船にてお届けしなければならない地域の場合、別途離島料金を、九州圏内は200円、九州圏外は500円を いただいております。その地域のお客様は、クレジット決済はお選びできませんのでご了承ください。 払込書に追加でご請求させていただきます。


  • 名島屋ご利用のがはじめてのお客様は初回のご購入金額が3,000円(税込み)以上の場合、代金引き換えにさせていただております。

    陸路から船にてお届けしなければならない地域の場合、別途離島料金を、九州圏内は200円、九州圏外は500円をいただいております。その地域のお客様は、払込書に追加でご請求させていただきます。

株式会社名島屋
〒813-0043 福岡県福岡市東区名島2丁目34-25

092-682-6988

※日祝は留守番電話が承ります。土曜は営業が不定期ですのでご了承ください。

送料について

当店では、商品代金と、それ以外の必要料金として、送料及び消費税(税込表示)をいただいております。
決済時に発生します手数料はお客様のご負担とさせていただいております。

※4,500円(税込)以上お買い上げいただきますと送料無料になります。4,500円未満(税込)の場合は、全国一律500円。
代金引換の場合は手数料350円いただきます。

返品・交換について

返品に関してお客様都合による返品は原則としてお受けしておりません。商品に瑕疵があった場合は、メールもしくはお電話にてご連絡ください。納品日より7日以内(メールご連絡により14日を限度に延長可)に着払いご返品後、良品と交換致します。

お引渡し時期

ご注文いただいてから約2週間お時間をいただいております。
(商品をまとめて多く作りませんので、次の製造までお時間をいただくことがございます)
また、連休、天候不良等により、約2週間日数をいただくこともございます。
また、お正月、ゴールデンウィーク、お盆など長期のお休みの前や期間中のお届けは発送が遅くなる場合がございます。

日付指定はご注文頂いてから約2週間以上で承ります。
また、商品在庫がない場合は、指定日にお届けできない場合がございますので、その場合はメールにてお知らせさせていただきます。ご容赦くださいませ。