だしの名島屋トップご家族、恋人をトリコにするレシピブログ

博多名島屋の徒然日記|店長井口が中心に名島屋のお知らせ日常やちょっとしたつぶやきなどゆるーくお届けします。

そうめんのつゆを名島屋のだしで作ってみませんか!

印刷する

2011年06月30日

2011年7月

そうめんのつゆも家で作れば、やはり違いますね。。七夕が近いので、そうめんも

おもてなし料理になりました。

是非、「つゆ」を作ってみて下さいね。

材料、、、3人分くらい

● ソーメン、、、4~5ワ  ● 鶏ささ身、、、2本 ● 塩、、、小さじ4分の1杯

● 酒、、小さじ1杯  ● 酒、、、小さじ1杯  ● 海老、、1尾 

●干し椎茸、、4枚(もどし汁  100cc) ● 砂糖、、大さじ2杯 ● しょうゆ、、大さじ1杯

● きゅうり、、2分の1本 ● 人参、、4分の1本  ● うす焼き卵、、1枚

●みようが、、、4本 ● おろししょうが  ● しその葉、、2枚 ● 切りゴマ  

● 冷えた名島屋の「新だし」で作った出汁、、800cc

ソーメンのつゆ

濃い目のだし、、、200cc  濃い口醤油、、、40cc  みりん、、40cc

新だし、、1包

作り方

① ソーメンを1ワずつ端を糸d結びゆでる。

② 鶏ささ身は筋をとり、塩、酒をしてオーブントースターで焼き手で裂く。海老は背ワタをとり

塩ゆでして、からをとる。

③ 干し椎茸はもどし汁100ccと水100ccを鍋にいれ、砂糖と醤油を入れて弱火で煮汁が

 なくなる位まで煮て、てりをつける。

④ ソーメンつゆは鍋にみりんを入れて沸騰させ濃い目のだし、醤油、さらに「新だし」1包

 を加えて弱火で5分間煮て火をとめ、そのまま冷やす。

⑤ 器にソーメンを盛り、冷やしただしをいれ、上にいろいろな具を盛り、ソーメンつゆと薬味を

 そえる。

アドバイス

1、ソーメンは普通氷水をいれますが、今回はおいしくとっただしを冷たくしていれました。

最初に新だし2包で1000ccの出汁を作っておき、ソーメンつゆに200cc、お水のかわりに

器に入れる出汁を800cc使います。

麺にだしのうま味がしみこんで、一段と美味です。

2、いろいろな分をそえると、栄養のバランスもとれます。

3、ソーメンはゆですぎないように、

4、つゆは途中で新だしを加えることにより、追いかつおと同じ効果がでて、よりおいしいつゆが

出来上がります。

印刷する

2011年06月30日ご飯、麺

夏野菜のあっさり煮物、、ちょっとフランス風?かしら。

印刷する

2011年06月27日

2011年7月

夏野菜は、生でいただくと少しだけしかはいらないけれども、こんな煮物を作ると

冷やしてもおいしいし、たっぷりいただけます!蓋の重たいフランスのお鍋を使うと、水分は

具によっては全く必要ないですが、今回は「一番だし」を使って、お鍋の蓋をきっちりして

銅なべで私はつくりました。お汁もおいしかったし、たくさんいただけるのが、ないよりですね。

是非、作ってみてね。

材料、、、3人分

● 玉ねぎ、、大きいもの1玉  ●きゅうり、、、大きめを1本 ●トマト、、大きめ2個

●赤のパプリカ、、中くらいのもの2個 ●なす、、2本

●名島屋の「一番だし」、、、1包  ● 塩、、小さじ1杯  ●オリーブオイル、、小さじ2杯

● コショウ小さじ半杯  ● ガーリックパウダー、、小さじ半杯 又はにんにくひとかけ

● オレガノのパウダー、、小さじ4分の1 ● バジルパウダー、、小さじ4分の1

作り方

① 厚手の鍋を温め、そこにオリーブオイルをいれ、ガーリックパウダーで香りをつけます。

 乱切りにしたきゅうり、なす、トマト、6つ割りくらいにした玉ねぎ、縦に4つ割りしたパプリカ

 をいれ、さっと炒める。蓋をしっかりして弱火で煮る。

② お鍋にお水100ccと名島屋の「一番だし」1包をいれ、5分ほど浸けて、火にかけて

  3分ほど煮立てた出汁を①に入れる。

  さらに、塩、こしょう、乾燥ハーブを入れて、中火以下で煮る。ときどき、大きく混ぜ合わせ

  野菜から、たっぷりと水分が出て、煮えるまで蓋をしたまま煮る。

出来上がったものは、汁もおいしいので、深みのある器がよいと思います。

今回は、海老チャーハンと一緒にいただきましたが、チャーハンが濃い目の味付けをしている

ので、薄味の夏野菜がおいしくたっぷりいただけました。

冷やして、粒マスタードなどをつけていただいても、冷えた白ワインにもあうと思います!

是非おすすめです!  

印刷する

2011年06月27日煮物

夏バテ防止には、具たくさんのお味噌汁。無塩の名島屋の出汁で。

印刷する

2011年06月23日

2011年7月

夏場は夏ばて解消にビタミンB1が多い豚肉は使いたいお肉です。
豚肉と以外と相性のよいレタスをたっぷりと使いお味噌汁を作りました。
みょうがも使い夏らしいお味噌汁の出来上がりです。

名島屋のだしは、新だし、一番だしは無塩です。血圧が高めの方で塩分を気にされている方

は、非常によろこばれています。お味噌汁は日本が誇るスープです。発酵食品のお味噌は

体に非常によいし、具たくさんにしていただけば、栄養バランスもよいし、おかずとしての1品と

しても十分はメニューになります。具たくさんのお味噌汁は、冷蔵庫の残り野菜をなんでも

いれたらよいと思います。意外な組みあわせが美味しさを作ります。是非、お夕食に、

具たくさんのお味噌汁を是非作ってくださいね。

       



■材料

3人分

  • 豚肉 … 150g(薄切りのロースを使いました)
  • レタス…半個
  • 名島屋の新だし1包、又は一番だし2包
  • みょうが … 1個  ネギ … 1本
  • 調味料 : 麦味噌 … 大さじ3杯

■作り方

1

お鍋にお水600ccと名島屋の新だし1パックを入れ、5分ほどつけておく。
そのまま火にかけ沸騰したら、そのまま4分ほど煮たて、出汁パックを取り出す。
そこに2cm幅くらいに切った豚肉を入れ、レタスは1cm幅くらいにせん切りに
切ったものを入れる。具が煮えたら、味噌を溶きいれる。

2

みょうがはせん切りにして、水に5分ほどさらしておく。
ネギは2cmくらいの長さに切っておく。
1の出来あったお味噌汁を器にはって、みょうがとネギを散らす。

印刷する

2011年06月23日汁もの(お味噌汁、お吸いもの、お雑煮等)

最新の記事

10月5日
堀たての里芋と鶏肉の煮物は、やっぱり名島屋のだし!
8月10日
かぼちゃで夏を元気に!
8月10日
夏はやっぱり、おそうめん。

お料理の献立でお選びくださいね。

季節から選ぶ

月間アーカイブ

博多名島屋通販サイト

些細な事でもお気軽にお問い合わせください。

092-682-6988

お買い物のご案内

お支払い方法

以下のお支払い方法を用意しております。

  • 郵便振込(振込手数料は名島屋負担)
    郵便局またはコンビニにて振込みとなります。
  • 代引き(メール便送りの商品はお取り扱いできません。)
    代引手数料250円を負担していただきます。
  • オンライン決済
    カード・銀行・郵便局・コンビニ・Edy
    (1,000円以上お買い上げの場合のみ)

    名島屋ご利用のがはじめてのお客様は初回のご購入金額が3,000円(税込み)以上の場合、代金引き換え又はクレジット決済にさせていただております。

    陸路から船にてお届けしなければならない地域の場合、別途離島料金を、九州圏内は200円、九州圏外は500円を いただいております。その地域のお客様は、クレジット決済はお選びできませんのでご了承ください。 払込書に追加でご請求させていただきます。

株式会社名島屋
〒813-0043 福岡県福岡市東区名島2丁目34-25

092-682-6988

※日祝は留守番電話が承ります。土曜は営業が不定期ですのでご了承ください。

送料について

当店では、商品代金と、それ以外の必要料金として、送料及び消費税(8%:税込表示)をいただいております。
決済時に発生します手数料はお客様のご負担とさせていただいております。

※4,500円(税込)以上お買い上げいただきますと送料無料になります。4,500円未満(税込)の場合は、全国一律500円。
代金引換の場合は手数料250円いただきます。

返品・交換について

返品に関してお客様都合による返品は原則としてお受けしておりません。商品に瑕疵があった場合は、メールもしくはお電話にてご連絡ください。納品日より7日以内(メールご連絡により14日を限度に延長可)に着払いご返品後、良品と交換致します。

お引渡し時期

ご注文いただいてから1週間から10日お時間をいただいております。
(商品をまとめて多く作りませんので、次の製造までお時間をいただくことがございます)
また、連休、天候不良等により、10日より日数をいただくこともございます。
また、お正月、ゴールデンウィーク、お盆など長期のお休みの前や期間中のお届けは発送が遅くなる場合がございます。

日付指定はご注文頂いてから10日以降で承ります。
また、商品在庫がない場合は、指定日にお届けできない場合がございますので、その場合はメールにてお知らせさせていただきます。ご容赦くださいませ。