だしの名島屋トップご家族、恋人をトリコにするレシピブログ

博多名島屋の徒然日記|店長井口が中心に名島屋のお知らせ日常やちょっとしたつぶやきなどゆるーくお届けします。

そうめんのつゆを「一番だし」で作りました!暑さを忘れたおいしさ。

印刷する

2011年08月29日

そうめんのつゆはやっぱり、うるめいわし。一番だしで作ったものでいただくと

おいしさしみじみ。夏もあんまり暑い日は、お湯をぐらぐら沸かすのもいやになる

けれども、ちょっと暑さが落ち着くと、つるつる食べたくなる「そうめん」つゆは瓶入の

インスタントと決めている方も、自分で作ってみれば、おそうめんが、日本料理の

夏の象徴のようなお料理であることがわかるし、湿度の高い日本で、夏におそうめんは

おもてなし料理としても、りっぱなものだと理解できますよね。。。

是非作ってくださいね!

材料、、、2人分

● そうめん、、、4束  ● 薬味として、、小ねぎ、、4本 梅干、、2個

ゆずごしょう、、少々  ●一番だし、、1包 醤油、、50cc 塩、、小さじ2分の1杯

●牛もも肉の薄切り、、150g

作り方

① 鍋にお水150ccと一番だし1包をいれ、5分から10分ほど水に浸しておく。

中火で煮立てて、沸騰してさらに4分ほど弱火で煮立てる。出汁パックを絞って

とりだし、醤油50ccと塩少々いれる。味をみて、甘めがお好きな方はみりんを

大さじ1杯ほど入れて、さっと沸騰させて火を止める。つゆを冷やす。

② 薬味のネギは小口きりに切っておく。

③ 大きなお鍋にたっぷりのお水を沸かし、沸騰してきたら、そうめんをぱらぱらと

いれる。そのそうめんの茹で方に従いつくってください。茹でたあとはざるにかえし

お水をざーっとかけ、その後、手でもむように水をかけながら洗うとおいしくなります。

器に水と氷をいれ、そうめんを盛り付けます。

④ そうめんだけでは、たんぱく質が不足しますので、今回は牛肉の赤身の

もも肉をゆがいて、添えました。おそうめんのおつゆでいただくとおいしいですよ。

また、薬味に梅干を添えましたが、これも熱中症予防にもなり、夏ばてを防ぐので

大変よいかと思います。つゆの中でつぶすようにして、そうめんを一緒にいただくと

よいかと思います。


印刷する

2011年08月29日ご飯、麺

厚揚げのあんかけを作りました!おいしかったですよ。

印刷する

2011年08月25日

厚揚げは、ときどき夏も冬も食べたくなりませんか。豆腐は大豆で出来ているので

植物性のたんぱく質です!厚揚げ料理をおいしく、たくさんできると、安くて

ヘルシーな夕食のおかずが出来ますね!

材料、、、2人分

● 厚揚げ、、1丁  ● 茄子、、1本  ● オクラ、、、6本

● 味海苔、、少々  ● 名島屋の新だし、、1包  ●醤油、、大さじ2杯

● 砂糖、、大さじ1杯 ●塩、小さじ4分の1杯 ●葛、、大さじ1杯

作り方

① お鍋にお水200ccと名島屋の新だし1包をいれ、5分ほど水に浸しておく。

それから火にかけ、沸騰したら4分ほど中火で煮立てる。出汁パックを取り出し

て、砂糖(甜菜糖)大さじ1杯、醤油大さじ2杯、塩少々を入れて味をつける。

葛をお水大さじ3杯程度で溶かし、味をつけた「つゆ」を沸騰させて、そのなかに

まわしいれて、とろみをつける。

② オクラは熱湯で茹で、水につけ、縦に半分に切る。茄子は4cm長さに切り

5分ほど水にさらし、4つわりに切る。布巾で水気をとり、160度の油で揚げる。

③ 厚揚げは6等分に切り、沸騰したお湯にいれ、3分ほど煮る。それをざるに

あげて、水気をきっておく。

④ 器に厚揚げ、揚げた茄子、オクラを盛り付けて、①のつゆを温めなおして

かける。その上に味海苔を細く切って盛り付ける。


ポイント 厚揚げは油ぬきをする上でも沸騰したお湯にくぐらせたほうが

おいしくなります。



印刷する

2011年08月25日煮物

焼きなす入りの冷やしうどんを作りました!

印刷する

2011年08月08日

茄子がおいしい頃です。焼きなすをして、冷やしうどんにいれました。冷たく冷やした「つゆ」

はおいしさいっぱいです。みょうがもいれて夏の味です。麺は乾麺のうどんを使いましたが

もちろんおそうめんでもおいしいです!作ってくださいね。

材料、、、2人分

●茄子、、長めのもの1本  ● みょうが、、2本  ● 鰹節、、少々 

●ししとう、、、4本 ● ゴーヤ、、5分の1本 ●名島屋の「新だし」、、2包 ●うどん乾麺、、2人分

醤油、、、大さじ2杯  みりん、、大さじ2杯  塩、、小さじ半杯

作り方

① 茄子は皮付きのまま、オーブンで7分ほど焼きました。それぞれの家庭のもので違うと

思いますが、160度で7分くらいで丁度よく焼きあがりました。触れるくらいに冷めたら、皮を

手で裂くように取り除いてください。

ししとうも、3分くらい経ったところでオーブンに入れておなじように焼いてください。

②みようがは、縦にせん切りをして、5分ほど水にさらしてください。

③お鍋にお水500ccと新だし2包(濃い目のほうがおいしく出来ます)5分ほど出汁パックを

浸けて、その後火にかけます。沸騰して4分ほど中火で煮たて、そこに、みりん、醤油、塩をいれ

調味します。少し味は濃い目のほうがおいしいようです。出来上がったら、出汁パックを絞って

とりだし、鍋ごと、水で冷やし、ある程度冷えたら、冷蔵庫で冷やしてください。

④ 今回は長崎五島の乾麺のうどん麺を使いましたが、もちろん素麺でもおいしいです。

  その商品の作り方におわせて茹でてください。ゆでた後はよく水をかけ、手でもんで

  ぬめりを取ってください。そのままざるに揚げておいてください。

⑤ 器に冷やした③のつゆをいはり、そこに④の麺をいれます。2cm長さに切った焼き茄子と

ミヨウガを飾り、鰹節、せん切りにしてさっと熱湯をかけたゴーヤを盛り付けます。

薬味に小口に切ったネギ、白ゴマも添えるとおいしくいただけます。




  

印刷する

2011年08月08日ご飯、麺

最新の記事

8月10日
かぼちゃで夏を元気に!
8月10日
夏はやっぱり、おそうめん。
6月6日
旬のアスパラガスを添えた煮物を作りました!

お料理の献立でお選びくださいね。

季節から選ぶ

月間アーカイブ

博多名島屋通販サイト

些細な事でもお気軽にお問い合わせください。

092-682-6988

お買い物のご案内

お支払い方法

以下のお支払い方法を用意しております。

  • 郵便振込(振込手数料は名島屋負担)
    郵便局またはコンビニにて振込みとなります。
  • 代引き(メール便送りの商品はお取り扱いできません。)
    代引手数料250円を負担していただきます。
  • オンライン決済
    カード・銀行・郵便局・コンビニ・Edy
    (1,000円以上お買い上げの場合のみ)

    名島屋ご利用のがはじめてのお客様は初回のご購入金額が3,000円(税込み)以上の場合、代金引き換え又はクレジット決済にさせていただております。

    陸路から船にてお届けしなければならない地域の場合、別途離島料金を、九州圏内は200円、九州圏外は500円を いただいております。その地域のお客様は、クレジット決済はお選びできませんのでご了承ください。 払込書に追加でご請求させていただきます。

株式会社名島屋
〒813-0043 福岡県福岡市東区名島2丁目34-25

092-682-6988

※日祝は留守番電話が承ります。土曜は営業が不定期ですのでご了承ください。

送料について

当店では、商品代金と、それ以外の必要料金として、送料及び消費税(8%:税込表示)をいただいております。
決済時に発生します手数料はお客様のご負担とさせていただいております。

※4,500円(税込)以上お買い上げいただきますと送料無料になります。4,500円未満(税込)の場合は、全国一律500円。
代金引換の場合は手数料250円いただきます。

返品・交換について

返品に関してお客様都合による返品は原則としてお受けしておりません。商品に瑕疵があった場合は、メールもしくはお電話にてご連絡ください。納品日より7日以内(メールご連絡により14日を限度に延長可)に着払いご返品後、良品と交換致します。

お引渡し時期

ご注文いただいてから1週間から10日お時間をいただいております。
(商品をまとめて多く作りませんので、次の製造までお時間をいただくことがございます)
また、連休、天候不良等により、10日より日数をいただくこともございます。
また、お正月、ゴールデンウィーク、お盆など長期のお休みの前や期間中のお届けは発送が遅くなる場合がございます。

日付指定はご注文頂いてから10日以降で承ります。
また、商品在庫がない場合は、指定日にお届けできない場合がございますので、その場合はメールにてお知らせさせていただきます。ご容赦くださいませ。