博多名島屋の徒然日記|店長井口が中心に名島屋のお知らせ日常やちょっとしたつぶやきなどゆるーくお届けします。

夏日に長ぐつの男の子❣

2022年05月24日

皆様お元気にお過ごしのことと存じます。

福岡市は、半そででもOkのような夏日です。

すでに、日焼けをしております。やっと一年かけて戻りつつあった色も、こんがり。

 

  会社近くのJRの駅中のスーパーで、お昼にお昼ご飯を買いに車で行ったときのこと。。

買い物後に信号で車を停車させていましたら、信号をお母さんと幼稚園くらいの男の子

夏日でかんかん照りの12時ごろ、長ぐつをはいて、ころがりそうに走って渡っている。

 

長ぐつが抜けても、おかまいなしに走る。お母さんが長くつを持ちながら後をゆっくり歩いておられる。

 信号を渡りきったら、お母さんが、長ぐつをポンとおかれ、男の子は、長ぐつを上手にはく。

 

   そこにロータリーの野菜屋さんの並べた花にチョウチョ。次はその白いチョウチョを見つけ、

 小さな手でつかもうと、追いかけて走る。

  車で信号待ちをしていた私は、あまりの面白さに、その子を眺め続け、後ろからクラクションを鳴らされる。

 

     買ってもらったばかりの長くつで、追いかけるチョウチョ。

   長ぐつは、すぐ大きくなるからと、きっと大き目なのだろう。また抜けるに違いない。

   この長靴がいいと玄関で、いうことを聞かなかったに違いない。

    

    なにをしても外の世界は、初めてのことばかりで楽しくってしょうがない。

   わくわくの気持ちを、この夏も、あふれさせて楽しく過ごしたいものです。子供のように、人の目は

   どうでもよいよ。

   

    

 

                                    名島屋 井口知子

 

 

  

2022年05月24日徒然日記

なぜ今、ローマの休日

2022年05月17日

お元気にお過ごしのことと存じます。5月の風は、日本の季節の中で、一番美しいと思っているのは

私だけでしょうか。福岡市の5月は、新緑輝き、博多湾からの風はさわやかです。

 

 最近、テレビで、あのなつかしいローマの休日の吹き替え版が上映されたそうですね。

私は、夜テレビは、あまりみないので、人から翌日聞いたのです。

 

  ローマの休日のオードリーヘップバーンのファッションは、まわりまわって、今、流行しているものに

 近いです。。ジバンシーのものと聞いたことがありますが、あこがれのブランドでしたよね!

 

 私の一番好きなシーンはやはり、ラストシーンです。

 

 ネットを検索しておりましたら、シネマノートに、共感するものが書いてありました。

 

  ラストの言葉は、アン王女の決意

   悲恋を明るいものにした一言

                  大切な恋を忘れることなく、これから先の公務に励むというアン王女の

                  凛とした決意とも取れます。

 

   ブラットレーへのメッセージ

                  

                   なんといってもローマです。私はローマでの思い出を一生忘れない

                   でしょう。

                   ローマはアン王女にとって、街そのものではなく、ブラッドレーと  

                   過ごした甘い時間を指しています。

                   ストーレートな愛のメッセージです。 

 

 

  国のためではなく一人の人間としての意見    ラストシーンを深読みすると、アン王女が放った 

                          意見には大きな意味が見えてきます。

      発言の自由              

                   通常の公務なら「その街もすべてよかった」と答えるのが一般的で    

                   あり、多くの求める答えです。 

                   しかし、彼女はローマが良いと個人的な意見を公にしています。

                   この言動には、発言は抑制されるものだはないというメッセージが

                   隠されているのです。

 

  ラストシーンは平和の願いが詰まっていた

 

      原題は、Roman Holiday  、となっています。

     これは、ローマ帝国時代の休日に奴隷の剣闘士を戦わせたことに由来します。

     残虐性を楽しんだことから、「他人を犠牲にして自分が楽しむ」という意味合いを持っています。

 

                    シネマノートには、時代背景が書かれております。ここでは書きませんが、歴史を知ると

     悲恋物語だけの映画ではないと感じます。

     自分が楽しむということを、自分が人を犠牲にして利益を得るということだと置き換えてみたいと

     感じました。人を大きな集団におきかえてもよいかもしれません。

 

 

 

     さらに、私は、このように感じております。

 

      個人の関係の信頼と同じように、国と国との関係も同じであると

     いう内容のことを王女は言われました。

 

       ブラットレーは、記事を書くことを、もちろん止めましたしたが、カメラマンには

      好きなようにしていいと言いましたが、もちろん二人の友情のなかで、理解してほしいと

      いう願いがあったと思いますし、実際そのようにしてくれました。

 

       ブラットレーにとっては、王女を犠牲にして、大金を得ることもできないし、

      もちろん、恋をしてしまったのですし、迷いもなかったでしょう。。 

 

      美容師とのダンスの写真を見るときの、おもしろくないという顔や、

      王女が去ったあとの、ふさぎこんだ姿や、記者会見が終わったあとのたちがたい姿や

      まっすぐ見つめる目は、まるで少年のような純真な恋そのものです。

 

       王女に心配をさせないように、誰にもわからないように自分の気持ちを伝えてくれました。

       新聞記者らしい言葉で伝えました。     

 

           

 

 

   ラストシーンの王女の目は、ブラットレーへの切ない愛と感謝が、うるんだ涙の目とともに、可憐で凛とした

   品格のある表情にひろがっています。

   言葉を発しなくても、こんなにも目が、気持ちを語れるものだと感じます。

 

    五月の気持ちのよい季節を、ますますお元気にお過ごしくださいませ。

 

                             井口知子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022年05月17日徒然日記

五月の博多湾

2022年05月06日

       みなさまこんにちは。当社の本社があります福岡市東区名島は、福岡市の最大の埋め立てが

       おこなわれた人工島のそばです。博多湾からの海風が春から夏は気持ちのよい地域です。

 

        人工島の入り口付近は、香住ケ丘という地域ですが、海が見える付近には、カフェも多く

      たまにお休みの朝食を外で食べることもあります。最近はパン屋さんのカフェも、おにぎりの

      メニューもあります。

 

        福岡市の再開発が一番遅れた地域が、福岡市東区ですが、住んでいる私でさえ、目まぐるしい

        開発に、びっくりしており、風景が月単位で変わっております。

 

       しかし当社の本社の名島は、再開発地域のそばですが、まったく変わらない(笑い)です。

       九州電力の町といわれ、昔は火力発電もあったところです。また名島城跡がありますが

       福岡城の前に、一番に作られた城でもあります。城は名島の海そばの先端にありましたが

       名を名乗って、城のある島にいくことからつけられたと聞いたこともあります。

 

        急に暑くなりますので、お体大切にお過ごしくださいませ。

 

                          名島屋 井口知子

        

2022年05月06日徒然日記

最新の記事

05月24日
夏日に長ぐつの男の子❣NEW
05月17日
なぜ今、ローマの休日NEW
05月06日
五月の博多湾
05月06日
豆ごはんは初夏の風
05月05日
海苔をお茶うけに。

カテゴリーアーカイブ

月間アーカイブ

2011年以前のブログです。よろしかったらご覧ください。名島屋の輪

博多名島屋通販サイト

博多 名島屋

井口食品(株)通販部
〒813-0043
福岡県福岡市東区名島2丁目34-25

お買い物のご案内

お支払い方法

以下のお支払い方法を用意しております。

  • 郵便振込(振込手数料は名島屋負担)
    郵便局またはコンビニにて振込みとなります。
  • 代引き(メール便送りの商品はお取り扱いできません。)
    代引手数料350円を負担していただきます。
  • オンライン決済
    カード(Visa/Masterのみ)・銀行・郵便局・コンビニ・Edy
    (1,000円以上お買い上げの場合のみ)

    名島屋ご利用のがはじめてのお客様は初回のご購入金額が3,000円(税込み)以上の場合、代金引き換え又はクレジット決済にさせていただております。

    陸路から船にてお届けしなければならない地域の場合、別途離島料金を、九州圏内は200円、九州圏外は500円を いただいております。その地域のお客様は、クレジット決済はお選びできませんのでご了承ください。 払込書に追加でご請求させていただきます。


  • 名島屋ご利用のがはじめてのお客様は初回のご購入金額が3,000円(税込み)以上の場合、代金引き換えにさせていただております。

    陸路から船にてお届けしなければならない地域の場合、別途離島料金を、九州圏内は200円、九州圏外は500円をいただいております。その地域のお客様は、払込書に追加でご請求させていただきます。

株式会社名島屋
〒813-0043 福岡県福岡市東区名島2丁目34-25

092-682-6988

※日祝は留守番電話が承ります。土曜は営業が不定期ですのでご了承ください。

送料について

当店では、商品代金と、それ以外の必要料金として、送料及び消費税(税込表示)をいただいております。
決済時に発生します手数料はお客様のご負担とさせていただいております。

※4,500円(税込)以上お買い上げいただきますと送料無料になります。4,500円未満(税込)の場合は、全国一律500円。
代金引換の場合は手数料350円いただきます。

返品・交換について

返品に関してお客様都合による返品は原則としてお受けしておりません。商品に瑕疵があった場合は、メールもしくはお電話にてご連絡ください。納品日より7日以内(メールご連絡により14日を限度に延長可)に着払いご返品後、良品と交換致します。

お引渡し時期

ご注文いただいてから約2週間お時間をいただいております。
(商品をまとめて多く作りませんので、次の製造までお時間をいただくことがございます)
また、連休、天候不良等により、約2週間日数をいただくこともございます。
また、お正月、ゴールデンウィーク、お盆など長期のお休みの前や期間中のお届けは発送が遅くなる場合がございます。

日付指定はご注文頂いてから約2週間以上で承ります。
また、商品在庫がない場合は、指定日にお届けできない場合がございますので、その場合はメールにてお知らせさせていただきます。ご容赦くださいませ。