だしの名島屋トップご家族、恋人をトリコにするレシピブログ

博多名島屋の徒然日記|店長井口が中心に名島屋のお知らせ日常やちょっとしたつぶやきなどゆるーくお届けします。

涼しくなって秋の夜ににゅう麺。

印刷する

2013年09月25日

夏のそうめんが残っていませんか。そうめんは、ご飯を炊く時間がないときや、汁物がいただきたいとき

には、便利ですね!

とくに、名島屋のだしで「つゆ」を作っていただきにゅう麺はおいしいですよ。是非作ってくださいね。

材料、、、1人分

1、そうめん、、1把から2把  2、名島屋の無添加だし「新だし」1包  3、醤油、、、小さじ2杯

4、塩、、小さじ2分の1杯  5、日本酒、、大さじ1杯

作り方

1、そうめんは、たっぷりの湯でゆでます。(そうめんの種類によって、茹で時間は違うので、パッケージを

みて、茹でてください。ざるにかえして、流水をあて、その後、手でもむように洗います。ざるにかえして

おきます。

2、鍋にお水300ccと名島屋の無添加だし「新だしlを1包いれ、5分ほど浸しておきます。中火にて煮たて

沸騰したら、醤油、塩、日本酒をいれて調味します。そこにゆでた素麺をいれて、だしパックをしぼって取り出し

器にもり、小口切りにしたネギと、卵を入れます。

 

 

印刷する

2013年09月25日ご飯、麺

栗ごはんと茄子とししとうの炒め煮は、旬の味

印刷する

2013年09月25日

栗がおいしいころになりました。

旬の食材には素材がもつ充分な旨みが備わっています。旬というのは「食べごろ」という意味ですので、

食材がおいしいころが旬ですよね。献立の立て方は、季節の食材をバランスよく、どのように使うかに

つきると思います。季節の風情をどのように感じる、それを表現するのも楽しさです。秋は秋らしく。

 

栗を大分の日田の大山に買うために、友人夫婦につれていってもらい、たくさん買ってしまったので、

手の感覚が少しなくなるほど、栗の皮をむいて、連日の栗ご飯です。

大分の小国に馬刺しのおいしいお店があり、いただきました。一旦冷凍して、解凍後、しょうがのすりおろし

と醤油でいただきます。お味噌汁は、もやしと小松菜の具です。新だしで作りました!

栗ご飯 材料、、、3人分

1、米、、1,5合  2、栗、、20個ほど  3、塩、小さじ1杯  4、日本酒、、大さじ5杯

作り方

1、 栗は前の晩から水に漬けておくと、皮をむきやすいです。

  つけた栗の皮をむきます。今回は、栗があまり大きくなかったので、丸ごと使いました。

2、研いだ米に炊飯器にて、適量の水と、栗、塩、日本酒をいれて、炊き込みご飯モードにて炊きます。

 

     茄子とししとうの炒め煮

 茄子もししとうもおいしいころです。薄味で、おいしくいただきましょうね。

材料、、3人分

1、茄子、、3本  2、ししとう、、9本  3、名島屋のだし「枕崎」、、1包  4、醤油、、大さじ1杯

5、砂糖、、小さじ2杯 6、塩、、小さじ2分の2杯  7、日本酒、、大さじ1杯

作り方

1、茄子は縦に半分に切る。水に5分ほどさらして、茄子を3等分に切る。5ミリほど幅で切り目を斜めに

茄子に入れる。(味がしみこみやすいようにです9

2、ししとうもへたをとり、縦に半分に切って、種をとりだします。

3、フライパンを熱し、オリーブオイルを大さじ2杯入れる。そこに茄子の皮の方を下にして、色が変わるまで

 炒める。裏返しにして、同じように炒める。一旦とりだしておく。そこにししとうを炒める。

4、お鍋にお水300ccと、名島屋のだし「枕崎」をいれ、5分ほど水に浸しておく。中火で煮たて沸騰したら

弱火にして、3を入れる。砂糖、醤油、塩、日本酒で調味する。ししとうは、最後に入れたほう色がきれいですが、おいしさでは、ゆっくり煮たほうおいしいようです。

 

印刷する

2013年09月25日煮物

夏の終わりの野菜カレーを作りました!

印刷する

2013年09月02日

とうもろこしが安くておいしそうでしたので、、、初秋だなあと思いながら、名島屋の新だしを使って

ルーを薄めにして、夏の終わりの野菜カレーを作りました!

材料、、、4人分

1、玉ねぎ、、2個  2、オクラ、、、、5本  3、 赤ピーマン、、、小さめを6個  4、じゃが芋、、1個

5、なす、、、1本   6、とうもろこし、、1本

8、日本酒、、50cc  インスタントのカレールー 名島屋の無添加だし「新だし」、、1包

作り方

1、玉ねぎを、みじん切り(1cm角)にして、オクラは、下茹でをしておきます。(ゆでたら、水に5分ほどさらす)

 オクラは、半分に縦にきります。長ければ、長さを半分に切っておきます。

2、赤ピーマンは、種をとり、4分の1個の大きさに切ります。 茄子は、3センチくらいの厚さ切っておく。 

 とうもろこしは、包丁をいれて、とうもろこしの粒を用意します。

3、厚鍋に、オリーブオイルを大さじ1杯入れて、1の玉ねぎを炒めます。しんなりとしてきたら(色が少し

茶色っぽい色に変わるまで)赤ピーマンと茄子、とうもろこしをいれて、さらに炒めます。

4、お鍋にお水400ccと新だしパック1包をいれ、5分ほど浸しておきます。それから中火に煮たて、沸騰

して、3分ほど弱火にします。だしパックを絞ってとりだします。

5、3の中に4のだし汁と、カレールー(4人分の目安の量の半分)を使いますが、その分量をいれて、下茹で

したオクラと1cm角に切ったじゃが芋をいれ、弱火に煮込みます。ときどき、木ベラで混ぜながら、なべ底につ

かないようにします。

日本酒をいれて、とろみがついてきて、じゃが芋が煮えたら出来上がりです。

6、お皿にご飯をハート型に整えて、仕上げます。

 

 

 

印刷する

2013年09月02日煮物

最新の記事

8月10日
かぼちゃで夏を元気に!
8月10日
夏はやっぱり、おそうめん。
6月6日
旬のアスパラガスを添えた煮物を作りました!

お料理の献立でお選びくださいね。

季節から選ぶ

月間アーカイブ

博多名島屋通販サイト

些細な事でもお気軽にお問い合わせください。

092-682-6988

お買い物のご案内

お支払い方法

以下のお支払い方法を用意しております。

  • 郵便振込(振込手数料は名島屋負担)
    郵便局またはコンビニにて振込みとなります。
  • 代引き(メール便送りの商品はお取り扱いできません。)
    代引手数料250円を負担していただきます。
  • オンライン決済
    カード・銀行・郵便局・コンビニ・Edy
    (1,000円以上お買い上げの場合のみ)

    名島屋ご利用のがはじめてのお客様は初回のご購入金額が3,000円(税込み)以上の場合、代金引き換え又はクレジット決済にさせていただております。

    陸路から船にてお届けしなければならない地域の場合、別途離島料金を、九州圏内は200円、九州圏外は500円を いただいております。その地域のお客様は、クレジット決済はお選びできませんのでご了承ください。 払込書に追加でご請求させていただきます。

株式会社名島屋
〒813-0043 福岡県福岡市東区名島2丁目34-25

092-682-6988

※日祝は留守番電話が承ります。土曜は営業が不定期ですのでご了承ください。

送料について

当店では、商品代金と、それ以外の必要料金として、送料及び消費税(8%:税込表示)をいただいております。
決済時に発生します手数料はお客様のご負担とさせていただいております。

※4,500円(税込)以上お買い上げいただきますと送料無料になります。4,500円未満(税込)の場合は、全国一律500円。
代金引換の場合は手数料250円いただきます。

返品・交換について

返品に関してお客様都合による返品は原則としてお受けしておりません。商品に瑕疵があった場合は、メールもしくはお電話にてご連絡ください。納品日より7日以内(メールご連絡により14日を限度に延長可)に着払いご返品後、良品と交換致します。

お引渡し時期

ご注文いただいてから1週間から10日お時間をいただいております。
(商品をまとめて多く作りませんので、次の製造までお時間をいただくことがございます)
また、連休、天候不良等により、10日より日数をいただくこともございます。
また、お正月、ゴールデンウィーク、お盆など長期のお休みの前や期間中のお届けは発送が遅くなる場合がございます。

日付指定はご注文頂いてから10日以降で承ります。
また、商品在庫がない場合は、指定日にお届けできない場合がございますので、その場合はメールにてお知らせさせていただきます。ご容赦くださいませ。