だしの名島屋トップご家族、恋人をトリコにするレシピブログ

博多名島屋の徒然日記|店長井口が中心に名島屋のお知らせ日常やちょっとしたつぶやきなどゆるーくお届けします。

キンバ風おむすび

印刷する

2023年04月25日

 

  キンバ風おむすび(韓国海苔巻き風)

 おいしそうですよね。名島屋のスタッフの手作りです!

 

 

  • プルコギ にんにく少々加えて甘辛く味つける、、、、甘辛い牛肉炒めのことです。
  • 人参ナムル 塩をしてごまとごま油を絡める

サニーレタス スライスチーズ ご飯

 

【折りたたみおにぎらず】

全形海苔に具材とご飯を置いて折りたたんでいくだけです。

 

  

   左側をまず二つにおりたたみます。折りたたんだ左側のものを、右側の中に包みこむように

   まけば出来上がりです。こつは、ご飯の上に、左側のまいたものをのせて、巻きます。

   右側の海苔のほうが、若干大きく切ります。

 

     この方法は、具は何を使用しても、サンドイッチ風になっておしゃれですよね!

 

 

印刷する

2023年04月25日ご飯、麺

花火

印刷する

2023年04月24日

 

 

 みなさま、今日はいきなり、3月ごろのお天気に戻りましたが、お元気にお過ごしのことと存じます。

福岡市では、4月22日、土曜日に、コロナ後はじめての、大きな花火大会が、福岡市東区香椎浜で

開催されました!

  ドーンと響く音、風は少し強かったものの、みごとな花火でした。

久しぶりの花火大会、花火も進化して、おしゃれになって、すばらしいものでした。

 

細い細い三日月、待ち月の中、福岡空港に着陸する飛行機が、花火を楽しみながら、着陸態勢に

入っている様子も見えて、コロナの厳しい数年が、少しづつ過ぎ去って、活気が戻ってきていることも感じ

じわっと喜びがあふれてきました。。

 

  ここで、花火の歴史をすこしだけ。

日本の祖先は、神に祈るとき、火をもって清め、清浄な心と体で誠意を示すことが条件とされ、

神への敬い祭りの原点だそうです。

日本の花火は精巧で美しいと言われているそうです。花火師さんたちが精魂こめて、文字通り命をかけて

伝えてきた伝統技術だからそうです。

 

  花火の起源は秦の始皇帝の時代に中国で「狼煙、のろし」として使われていた黒色火薬が花火の始まりの

ようで、シルクロードを通って火薬がローマに伝わり、ヨーロッパ諸国最初の花火がイタリアのフレンツエ

に始まったとされているそうです。

 

  日本に火薬が伝わったのは1543年、ポルトガル人が漂着したときに持っていた鉄砲の部品で

あったと伝えられています。

天正17年(1589年)に花火を伊達政宗が観賞したのが最初であるとも云われています。

 

 

    花火 花火師さんたちの命がけの仕事で、初夏になりつつある福岡の夜空に

   いろいろな人々の感情が、重なったことと思います。

 

   来年は、もっと、もっと、世界中の人々が、なんの憂いもなく、旅が、仕事ができるように

  なっているように、心から願いたいものですね。

 

                            名島屋 井口知子

 

 

印刷する

2023年04月24日徒然日記

飼育の日!

印刷する

2023年04月19日

 

 

 皆さまお元気にお過ごしのことと存じます。

福岡市内は、今日のお昼の温度は、27度。曇ってますが、

子供は、半そでを着ている子もいます。

 

 今日は、4月19日 飼育の日だそうです。

日本動物水族館協会が定めたそうです。動物園の人気ものといえば、ジャイアントパンダ。

和歌山、アドベンチャーワールドの永明(エイメイ)が中国に旅立ちましたね。

   雄の永明は30歳で日本最高齢。これまで16頭もの子をもうけたが、もともと

 おなかを壊しやすく、丈夫な身体ではなかったそうです。

    パンダに会いたいと思いながら、数十年。なんとも可愛らしいしぐさがたまりません。

   

    今年は、すでにつつじも満開、藤の花も。新緑が輝くころですね。

   桜の若葉も、見とれるくらい美しい。

    この、平和な新緑の季節を、尊いと感じたいですね。

     ますますお元気にお過ごしくださいませね。

 

                       名島屋 井口知子   

 

   

   

   

 

    

    

     

 

印刷する

2023年04月19日徒然日記

最新の記事

4月10日
今日の夕食!NEW
4月10日
たけのこと新だし!NEW
1月19日
揚げ出汁もちは、やっぱり出汁と海苔が決めてね。

お料理の献立でお選びくださいね。

季節から選ぶ

月間アーカイブ

2011年以前のブログです。よろしかったらご覧ください。名島屋の輪

博多名島屋通販サイト

些細な事でもお気軽にお問い合わせください。

092-682-6988

お買い物のご案内

お支払い方法

以下のお支払い方法を用意しております。

  • 郵便振込(振込手数料は名島屋負担)
    郵便局またはコンビニにて振込みとなります。
  • 代引き(メール便送りの商品はお取り扱いできません。)
    代引手数料350円を負担していただきます。
  • オンライン決済
    カード(Visa/Masterのみ)・銀行・郵便局・コンビニ・Edy
    (1,000円以上お買い上げの場合のみ)

    名島屋ご利用のがはじめてのお客様は初回のご購入金額が3,000円(税込み)以上の場合、代金引き換え又はクレジット決済にさせていただております。

    陸路から船にてお届けしなければならない地域の場合、別途離島料金を、九州圏内は200円、九州圏外は500円を いただいております。その地域のお客様は、クレジット決済はお選びできませんのでご了承ください。 払込書に追加でご請求させていただきます。


  • 名島屋ご利用のがはじめてのお客様は初回のご購入金額が3,000円(税込み)以上の場合、代金引き換えにさせていただております。

    陸路から船にてお届けしなければならない地域の場合、別途離島料金を、九州圏内は200円、九州圏外は500円をいただいております。その地域のお客様は、払込書に追加でご請求させていただきます。

株式会社名島屋
〒813-0043 福岡県福岡市東区名島2丁目34-25

092-682-6988

※日祝は留守番電話が承ります。土曜は営業が不定期ですのでご了承ください。

送料について

当店では、商品代金と、それ以外の必要料金として、送料及び消費税(税込表示)をいただいております。
決済時に発生します手数料はお客様のご負担とさせていただいております。

※5,000円(税込)以上お買い上げいただきますと送料無料になります。5,000円未満(税込)の場合は、全国一律500円。
代金引換の場合は手数料350円いただきます。

返品・交換について

返品に関してお客様都合による返品は原則としてお受けしておりません。商品に瑕疵があった場合は、メールもしくはお電話にてご連絡ください。納品日より7日以内(メールご連絡により14日を限度に延長可)に着払いご返品後、良品と交換致します。

お引渡し時期

ご注文いただいてから約2週間お時間をいただいております。
(商品をまとめて多く作りませんので、次の製造までお時間をいただくことがございます)
また、連休、天候不良等により、約2週間日数をいただくこともございます。
また、お正月、ゴールデンウィーク、お盆など長期のお休みの前や期間中のお届けは発送が遅くなる場合がございます。

日付指定はご注文頂いてから約2週間以上で承ります。
また、商品在庫がない場合は、指定日にお届けできない場合がございますので、その場合はメールにてお知らせさせていただきます。ご容赦くださいませ。