だしの名島屋トップご家族、恋人をトリコにするレシピブログ

博多名島屋の徒然日記|店長井口が中心に名島屋のお知らせ日常やちょっとしたつぶやきなどゆるーくお届けします。

白ネギと玉ねぎたっぷりのすき焼きは冬の元気のもと!

印刷する

2015年02月24日

白ネギがおいしいころです。

お野菜は白ねぎと玉ねぎだけです。水分がお野菜から、少ししかでないので、名島屋の

一番だしで作った「だし汁」を入れて作りました。とろっとした白ネギ、玉ねぎは冬の健康維持に

最適のお野菜です。沢山いただきました。

材料、、、3人分

1、牛肉、、、300g(牛肉の切り落としのもも肉) 2、白ネギ、、、2本

3、玉ねぎ、、中ぐらいの大きさのもの2玉 4、糸こんにゃく、、1パック 5、お豆腐、、1丁

6、名島屋の一番だし、、1包 で 150cc

 7、調味料、、、お砂糖(きび砂糖 大さじ2杯)

   お醤油、、、大さじ杯

作り方

1、すき焼き鍋をあたためて、オリーブオイル大さじ1杯をいれる。そこに食べやすい大きさに

 切った牛肉をさっと炒める。いったん取り出す。そこに、白ネギの斜め薄切り、玉ねぎを

 半分に切って、さらに繊維にそっての薄切りをしたものをいれて、炒めます。

 2、豆腐は6等分に切る。こんにゃくは、袋から出して、よく洗い、熱湯をかけます。

  こんにゃくは短く切らないほうが食べやすいようです。

3、2に牛肉を戻し、豆腐、こんにゃくをいれて、だし150cc、きび砂糖を入れて、煮ます。

  沸騰してきたら、醤油をいれて、味をみます。甘味が足りなければ、きび砂糖を足します。

  たまねぎ、白ねぎともに、くったりとなるまで煮たほうが甘味がでておいしいですね。

印刷する

2015年02月24日鍋もの

鶏肉ときのこたっぷりお鍋を作りました!

印刷する

2014年10月15日

きのこがおいしい頃です。きのこたっぷり、鶏肉のももをたっぷりいれてお鍋を作りました。

最後は、ごはんを入れて、もちろん「おじや」です。

 

鶏肉ときのこ鍋  3人分

材料、、、1、白菜 8分の1個  2、 しいたけ、、、4枚 3、ぶなしめじ、、1パック

4、白ねぎ(太ねぎ)、、、1本  5、鶏肉のもも、、、食べやすい大きさに切ったもの300g

6、豆腐、、綿豆腐 1丁  7、 名島屋の新だし、、、2包

   調味、、 つけたれに用に、かぼす1個 ゆずこしょう 

作り方

1、普通のお鍋に水800ccほどを入れて、名島屋の新だし2包を入れて、水に5分ほど浸します。 それから火にかけて、中火にて沸騰させてから3分ほど弱火にて煮立てます。

だしパックを、箸で軽くおさえたようにして取り出しておきます。そこに、食べやすい大きさに

切った鶏肉を、あたらに沸騰させた「だし汁」の中に入れます。煮えてきたら、アクをとりながら、3cm幅くらいに切った白菜を入れます。白菜が柔らかくなったら、火を止めます。

2、土鍋を、火にかけて、1のお鍋の中を、そのまま移し変えます。

 白ネギ(斜めうすぎり)としいたけ(4つ切り)、しめじを入れます。豆腐も食べやすき大きさ

 に切って入れます。

3、 お野菜が煮えましたら出来上がりです。

   つけだれは、今回は市販のポン酢を使いました。大分のかぶすが売っていたので

  かぶすをしぼって、ゆずこしょうでいただきました。

 最後は、食べ残しの野菜などを、網でとりのぞき、ごはん1杯をいれ、最後に溶き卵を

 廻しいれて、おじやを作って、完食です!

 

  ポイント、、、お鍋は最初から土鍋で作りますと、時間がかかりますし、土鍋の特長でも

  ありますが、やさしい煮え方になりますので、最初は普通のお鍋で作って、移し変えて

  テーブルでいただいたほうがよいと思います。土鍋は冷めにくいので、具を足すことが

  なければ、コンロ等は用意する必要がないようです。 

2、

 

印刷する

2014年10月15日鍋もの

ほうれん草と牛肉のお鍋は、元気のもと!

印刷する

2014年02月03日

 

疲れたなあと感じたときは、私は、牛肉が食べたくなります。

赤みの肉には、鉄分もタンパク質も豊富。脂身の少ないもも肉でお鍋を作りました。

材料、、、3人分

1、ほうれん草、、、1把 2、豆腐、、一丁  3、しゃぶしゃぶ用の牛肉のもも肉、、、300g

4、干ししいたけ、、6枚ほど  5、ベビーリーフ、、1パック(手にこんもりのる程度)

6、 名島屋の新だし、、2包  調味、、醤油 大さじ1杯  お酒、、、大さじ1杯  塩、、小さじ4分の1

 

作り方

1、お鍋にお水700CCから800CC(土鍋や、鉄鍋の大きさによります)をいれ、新だしを2包いれ、5分ほど

水に浸しておきます。それから中火で煮たて、沸騰したら、3分ほど弱火にて煮たてます。

だしパックをしぼって取り出します。

2、干ししいたけは、水に戻したものを、4等分に切っておきます。

3、ほうれん草は、沸騰したお湯でゆがき、茎がやわらかくなったら、水にかえして、5分ほど浸しておきます。

絞って、4cmくらいの長さに切りそろえます。(根っこの赤いところは、おいしいので、根のぎりぎりで切ります)

4、ベビーリーフは洗って、ざるにかえしておきます。

5、 1に、干ししいたけをいれ、煮ます。そこに牛肉(食べやすい大きさに切る)を1枚づついれます。

豆腐、ほうれん草、ベビーリーフとシ順番に入れます。

日本酒、醤油、塩と味見をしながら味付けをします。

6、 いただくときは、椀に、醤油を大さじ2杯ほどいれ、鍋のつゆを入れながら、薬味にゆずこしょうなどを使い

食するとおいしいです。

7、最後に讃岐うどん(乾麺)をさっと下湯でして、その後、お鍋にいれて、ふわっとなるまで、沸騰させて

いただきます。

 

印刷する

2014年02月03日鍋もの

最新の記事

9月7日
夏の疲れは豚しゃぶで!
4月5日
海苔とめんたい粉とチーズのパスタ!
3月21日
乾燥しいたけの煮物を名島屋のだしで!

お料理の献立でお選びくださいね。

季節から選ぶ

月間アーカイブ

博多名島屋通販サイト

些細な事でもお気軽にお問い合わせください。

092-682-6988

お買い物のご案内

お支払い方法

以下のお支払い方法を用意しております。

  • 郵便振込(振込手数料は名島屋負担)
    郵便局またはコンビニにて振込みとなります。
  • 代引き(メール便送りの商品はお取り扱いできません。)
    代引手数料250円を負担していただきます。
  • オンライン決済
    カード・銀行・郵便局・コンビニ・Edy
    (1,000円以上お買い上げの場合のみ)

    名島屋ご利用のがはじめてのお客様は初回のご購入金額が3,000円(税込み)以上の場合、代金引き換え又はクレジット決済にさせていただております。

    陸路から船にてお届けしなければならない地域の場合、別途離島料金を、九州圏内は200円、九州圏外は500円を いただいております。その地域のお客様は、クレジット決済はお選びできませんのでご了承ください。 払込書に追加でご請求させていただきます。

株式会社名島屋
〒813-0043 福岡県福岡市東区名島2丁目34-25

092-682-6988

※日祝は留守番電話が承ります。土曜は営業が不定期ですのでご了承ください。

送料について

当店では、商品代金と、それ以外の必要料金として、送料及び消費税(8%:税込表示)をいただいております。
決済時に発生します手数料はお客様のご負担とさせていただいております。

※4,500円(税込)以上お買い上げいただきますと送料無料になります。4,500円未満(税込)の場合は、全国一律500円。
代金引換の場合は手数料250円いただきます。

返品・交換について

返品に関してお客様都合による返品は原則としてお受けしておりません。商品に瑕疵があった場合は、メールもしくはお電話にてご連絡ください。納品日より7日以内(メールご連絡により14日を限度に延長可)に着払いご返品後、良品と交換致します。

お引渡し時期

ご注文いただいてから1週間から10日お時間をいただいております。
(商品をまとめて多く作りませんので、次の製造までお時間をいただくことがございます)
また、連休、天候不良等により、10日より日数をいただくこともございます。
また、お正月、ゴールデンウィーク、お盆など長期のお休みの前や期間中のお届けは発送が遅くなる場合がございます。

日付指定はご注文頂いてから10日以降で承ります。
また、商品在庫がない場合は、指定日にお届けできない場合がございますので、その場合はメールにてお知らせさせていただきます。ご容赦くださいませ。