だしの名島屋トップご家族、恋人をトリコにするレシピブログ

博多名島屋の徒然日記|店長井口が中心に名島屋のお知らせ日常やちょっとしたつぶやきなどゆるーくお届けします。

なごり雪

印刷する

2022年03月22日

今日は 一日関東のお客様から、雪で寒いのです。。とうかがい続けました。

ヤフーのトップページのニュースを見ると、電力不足もありえるかもと。。

 桜が開花しようかという時期に、この寒さ。

もうすぐ電話受付も終了の時間に、ふと思いだした、なごり雪。

 

  汽車を待つ君の横で僕は時計をみつめてる

  季節はずれの雪が降ってる

  東京で見る雪は、これが最後ねと、君がさびしそうにつぶやく

  なごり雪も降るときを知り

  ふざけすぎた季節のあとで

  春が来て君はきれいになった

  去年よりずっと、きれいになった

 

  覚えているものですね。。。若いころに覚えた歌は。

  小さな声で歌いながら,

            若さにまさるものが、きれいの要素にあるはず!

 

    冗談でも言われてみたい。さあ、帰ろうっと。

 

                 名島屋 井口知子

 

 

 

 

 

印刷する

2022年03月22日徒然日記

福岡県秋月の春

印刷する

2022年03月22日

    皆様 おはようございます。

    昨日は春分の日、福岡県の秋月 小京都と呼ばれる秋月城があるところです。

    歴史的には、興味深いところですし、桜の名所でもあります。蛍もでますし、水が美しく

    私も小さいころ、この川の上流で夏休みには泳いでました。今も澄みとおるほどの美しさです

    が、昨日は山からの水が少なく、川の水も少なかったですね。。

 

      

        福岡県 秋月近くの千手の風景です。菜の花がいっぱいです。

        ここは、当社の会長のふるさとです。私も4歳近くまでおりました。

 

                        

     墓まいりに行きました。

    火葬の歴史が始まったのは、いつからでしょうか。調べないとわかりませんが、衛生上の問題云々で

    あるときから日本は火葬が主ですが、土葬ができる地域もあるようです。

     祖父母をはじめ、最近は母、そして友人のお父様など。

         火葬において、亡くなった人の火葬された

    骨を骨壺にいれる時間は、それは、それは、なんと残酷な儀式でしょうか。追い打ちをかける悲しさです。

 

     なんと私は、おもわず、足の太ももの熱い骨を握ってしまったのです。そして、ハンカチに持ち帰りました。

    すぐ上の兄は、それを見て、おもむろにポケットから取り出した袋に、残った骨を入れ始めました。

 

         火葬場の方は女性の方でしたが、私に手は大丈夫ですか?と。

            軽いやけどです。

 

     いろいろな国の火葬や土葬などの歴史を知ってみたいこの頃です。

                  

                                     井口知子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

印刷する

2022年03月22日徒然日記

ミモザ

印刷する

2022年03月15日

   

   おはようございます! 3月も半ばになると、コートもいらない日が続いております。

   お元気にお過ごしのことと存じます。

   マンションの敷地内の今日のミモザの様子です。アカシア科の仲間です。

 

   一般的なミモザの花言葉は  優雅 友情  黄色は秘密の恋

 

   ミモザは春をつげる花としてヨーロッパでは大変人気があるそうです。

   3月8日は国際女性デー イタリアでは、この女性の日の時期の花、ミモザを花シンボルとして

   男性が女性に花を贈る習慣になっているそうです。ヨーロッパの男性は女性に花を贈る習慣が当たり前の

   ようで、花屋さんで買う花だけではなく、摘んだ野花を持ち帰って、渡しているシーンなどが、映画でも

   ありますね。女性の顔が花のように、もらった瞬間に華やぐ。

 

     福岡市中央区の大濠公園では、ライトアップが青になっています。ウクライナの国旗と同じ

    色です。一日も早く、平安が戻りますように。武器とは無縁の女性に穏やかな夜を一日も早く。

 

       ますますお元気にお過ごしくださいませね。

 

                                   井口知子

    

     

 

      

   

印刷する

2022年03月15日徒然日記

最新の記事

6月23日
おむすびは手から伝わる愛?NEW
6月17日
夏はやっぱり、ざるうどん!
6月6日
八女茶ふりかけをパスタに!

お料理の献立でお選びくださいね。

季節から選ぶ

月間アーカイブ

2011年以前のブログです。よろしかったらご覧ください。名島屋の輪

博多名島屋通販サイト

些細な事でもお気軽にお問い合わせください。

092-682-6988

お買い物のご案内

お支払い方法

以下のお支払い方法を用意しております。

  • 郵便振込(振込手数料は名島屋負担)
    郵便局またはコンビニにて振込みとなります。
  • 代引き(メール便送りの商品はお取り扱いできません。)
    代引手数料350円を負担していただきます。
  • オンライン決済
    カード(Visa/Masterのみ)・銀行・郵便局・コンビニ・Edy
    (1,000円以上お買い上げの場合のみ)

    名島屋ご利用のがはじめてのお客様は初回のご購入金額が3,000円(税込み)以上の場合、代金引き換え又はクレジット決済にさせていただております。

    陸路から船にてお届けしなければならない地域の場合、別途離島料金を、九州圏内は200円、九州圏外は500円を いただいております。その地域のお客様は、クレジット決済はお選びできませんのでご了承ください。 払込書に追加でご請求させていただきます。


  • 名島屋ご利用のがはじめてのお客様は初回のご購入金額が3,000円(税込み)以上の場合、代金引き換えにさせていただております。

    陸路から船にてお届けしなければならない地域の場合、別途離島料金を、九州圏内は200円、九州圏外は500円をいただいております。その地域のお客様は、払込書に追加でご請求させていただきます。

株式会社名島屋
〒813-0043 福岡県福岡市東区名島2丁目34-25

092-682-6988

※日祝は留守番電話が承ります。土曜は営業が不定期ですのでご了承ください。

送料について

当店では、商品代金と、それ以外の必要料金として、送料及び消費税(税込表示)をいただいております。
決済時に発生します手数料はお客様のご負担とさせていただいております。

※4,500円(税込)以上お買い上げいただきますと送料無料になります。4,500円未満(税込)の場合は、全国一律500円。
代金引換の場合は手数料350円いただきます。

返品・交換について

返品に関してお客様都合による返品は原則としてお受けしておりません。商品に瑕疵があった場合は、メールもしくはお電話にてご連絡ください。納品日より7日以内(メールご連絡により14日を限度に延長可)に着払いご返品後、良品と交換致します。

お引渡し時期

ご注文いただいてから約2週間お時間をいただいております。
(商品をまとめて多く作りませんので、次の製造までお時間をいただくことがございます)
また、連休、天候不良等により、約2週間日数をいただくこともございます。
また、お正月、ゴールデンウィーク、お盆など長期のお休みの前や期間中のお届けは発送が遅くなる場合がございます。

日付指定はご注文頂いてから約2週間以上で承ります。
また、商品在庫がない場合は、指定日にお届けできない場合がございますので、その場合はメールにてお知らせさせていただきます。ご容赦くださいませ。